Cantor FitzgeraldのCEO、ハワード・ラトニック氏がTetherの正当性を確認し、アメリカ人に対するビットコインの価値を問いかける

By CoinDesk – 2024/01/17 03:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Cantor FitzgeraldのCEOがTetherの準備金を確認、資金はあると述べる

新しい記事と類似の記事は、いずれも次の主要なポイントについて議論しています:Cantor FitzgeraldのCEOであるHoward Lutnick氏がテザーの正当性を確認し、ビットコインとステーブルコインのアメリカ人への価値についての彼の見解です。両方の記事は、Lutnick氏がテザーの資産を管理し、十分に裏付けられていると信じていることを述べています。また、両方の記事は、テザーのステーブルコインであるUSDTの裏付けに関する検証に直面していることも取り上げています。Lutnick氏のビットコインとステーブルコインのアメリカ人への価値に関するコメントも、両方の記事で取り上げられています。ただし、新しい記事はUSDTの時価総額について、類似の記事で示された数字(830億ドル)と比較して、より最新の数字(950億ドル)を提供しています。この新しい数字は重要な更新情報であり、類似の記事には含まれていない新しい情報を提供しています。

Cantor FitzgeraldのCEOであるHoward Lutnick氏は、ステーブルコインの発行者であるTetherの正当性に自信を示し、彼らが主張するお金を持っていると述べました。Lutnick氏はウォール街で著名な人物であり、Tetherの資産の多くを管理し、適切にバックアップされていると信じています。Tetherは過去に、市場キャピタリゼーションが950億ドルを超える世界で最も広く使用されているステーブルコインであるUSDTのバックアップに関して検証を受けてきました。最新の証明報告書では、Tetherが主に米国債を準備資産として保有していることが示されていますが、業界内には依然として懐疑的な意見もあり、より透明性のある公式の監査を待ち望んでいます。

Lutnick氏はまた、スポットビットコイン上場投資信託(ETF)の承認と上場についても議論し、ビットコインとステーブルコインのアメリカ人に対する実際の価値に疑問を呈しました。彼は、アルゼンチン、ベネズエラ、トルコなどの国では、暗号資産とステーブルコインがドルを保持する手段としてより重要であると主張しました。Lutnick氏のコメントは、異なる地域での暗号通貨の視点と使用法の違いを浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: