9つのビットコインETFが6日間で約95,000 BTCを蓄積し、資産総額が約40億ドルに達する

By PANews – 2024/01/21 20:23:28 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
ビットコインETFが資産を約40億ドルに増やし、フィデリティとブラックロックがトップを争う
米国のビットコイン現物ETF、5日目の取引で10,667ビットコインの保有を増やす

新しい記事と類似の記事は、9つのビットコインETFが取引6日間で約95,000ビットコインを蓄積し、AUMが約40億ドルに達したという同じトピックについて議論しています。それらはすべて、同じ期間にGrayscaleのGBTCからの流出を指摘しており、その管理資産は28億ドル減少しました。両方の記事はまた、フィデリティのFBTCとブラックロックのiShares(IBIT)のパフォーマンスを強調しており、それぞれ12億ドル以上の流入がありました。新しい記事で提示されている具体的な数字や事実は、類似の記事で提供された情報と比べて大きく異なるものではないようです。したがって、新しい記事には類似の記事との差別化につながる新しい事実や分析が含まれているようには見えません。

9つの承認済みビットコインETFがわずか6日間の取引で約95,000ビットコインを蓄積し、資産管理額(AUM)は約40億ドルに達しました。これらのETFへの資金流入は、同じ期間にGrayscaleのGBTCからの流出を上回り、管理資産が28億ドル減少しました。フィデリティのFBTCとブラックロックのiShares(IBIT)は特に好調で、いずれも12億ドル以上の資金流入を記録しました。フィデリティのETFはわずかに資金流入が多いですが、ブラックロックは現在14億ドルの資産を管理しています。Jingshun ETF(BTCO)は3位にランクインし、着実な成長を維持しています。

全体として、これらの9つのビットコインETFは短期間で大きな成功を収め、大口投資を引き付け、機関投資家の仮想通貨への関心の高まりを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: