インドネシアの来るべき選挙とその暗号通貨セクターの未来

By CoinDesk – 2024/01/22 12:10:05 (JST)

インドネシアの2月に予定されている総選挙は、同国の暗号通貨セクターに大きな影響を与える可能性があります。現在のジョコ・ウィドド大統領の政府は暗号通貨に関心を示し、世界初のデジタル資産取引所を設立しましたが、次期指導者は同様の支持を示さないかもしれません。大統領候補のアニーズ・バスウェダン氏とムハイミン・イスカンダル氏は、暗号通貨に関しては比較的沈黙していますが、彼らの政策改革の計画は業界に影響を及ぼす可能性があります。

ムハイミン氏は暗号通貨取引への課税とより厳格な規制を提唱しており、業界は2025年に暗号通貨の監督が金融監督庁に移管されることで、税の負担が軽減されることを期待しています。もう一つの候補者ペア、ガンジャル・プラノワ氏とマフフド・MD氏は、選挙戦で暗号通貨については議論していませんが、ガンジャル氏は以前、非代替性トークン(NFT)の創造性を称賛しました。暗号通貨に関して最も積極的な候補者は、ジョコ・ウィドド大統領の息子であるギブラン・ラカブミング・ラカ氏であり、ブロックチェーンと暗号通貨を活用してインドネシアのテクノロジーセクターを改善することを支持しています。

総選挙の結果は、同国の活気ある暗号通貨セクターの将来を左右するでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: