トークン化証券プロバイダーのOndo Finance、APACへの拡大を発表

By The Block – 2024/01/22 21:40:06 (JST)

トークン化証券プロバイダーのOndo Financeがアジア太平洋(APAC)地域への拡大を発表しました。同社は現在、トークン化証券の世界市場シェアの約40%を保有しており、APAC地域での需要増加に応えるため、トークン化製品を通じて米国資産への露出を提供することを目指しています。OndoはOUSG、OMMF、USDYを含む3つのトークン化製品を提供し、米国債券やマネーマーケットファンドなどの米国ベースの資産クラスへの露出を可能にしています。同社は、TetherとBitfinexでの経験を持つAshwin KhosaをAPAC地域のビジネス開発担当副社長に任命しました。

Ondo Financeは最近、Mantle Networkとの協力で米国債券と銀行預金で担保されたトークン化ノートであるUSDYを発売しました。また、同社は12月にSolanaブロックチェーン上でUSDYを導入しました。OndoのAPACオフィスの場所は発表されていません。Ondo Financeは、地域の活発で急速に成長している暗号通貨コミュニティに対応し、トークン化製品を通じて高品質な米国資産への露出を提供することを目指しています。

上記の要約は情報提供のみを目的としており、金融または投資の助言を意図していません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: