Binance、SEC訴訟の解決を求める口頭弁論を開始

By PANews – 2024/01/23 00:25:20 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
CoinbaseとSEC、上場に証券法が適用されるかを巡り米国の裁判官の判断を待つ
「SEC対バイナンスの法廷対決が雪嵐のため延期」

新しい記事と類似の記事は、仮想通貨取引所(バイナンスとコインベース)とSECの間で続いている法的な争いについて議論しています。主な焦点は、これらのプラットフォームで取引されるトークンが証券と見なされるかどうかであり、それによってSECの規制の対象となる可能性があるかどうかです。新しい記事と類似の記事の両方が、取引所がSECの主張に対する反論やこれらの事件が暗号通貨業界に与える潜在的な影響について触れています。しかし、新しい記事は、バイナンスがワシントンD.C.の連邦裁判所で口頭弁論を開始し、SECの訴訟の却下を求めているという新しい事実を提供しています。これは類似の記事には言及されていない新しい展開であり、類似の記事では裁判の予想や雪嵐による遅延についてのみ議論されています。したがって、新しい記事には類似の記事とは異なる新しい事実が含まれています。

BinanceとSECは、SECがBinanceに対して起こした訴訟に関して、ワシントンD.C.の連邦裁判所で口頭弁論を開始しました。Binanceは、SECの規制違反を非難する訴訟を却下することを求めています。この訴訟は、暗号通貨の規制枠組みを確立する可能性があります。Binanceは、DOJとCFTCとの間での不正行為の告発については和解しましたが、SECの訴訟は未解決のままです。SECは、Binanceが登録されていない証券の取引を促進したと主張しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: