FTXが約100億ドルのGrayscale Bitcoin ETFを売却し、資金の流出に寄与

By PANews – 2024/01/23 00:31:31 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
FTXがGrayscaleのビットコインETF(GBTC)を約100億ドル売却、投資家が撤退
ブラックロックのビットコインETFが競合他社を上回り、GBTCは資産を減らし続ける

新しい記事と類似の記事はすべて同じ主要な出来事について議論しています。FTXがGBTCのETFへの変換に伴い、約10億ドル相当のGBTC株式を売却したことです。売却された株式の数やその価値、市場への影響に関する詳細は、すべての記事で一致しています。新しい記事と最初の類似の記事の両方が、FTXの清算が売り圧力を緩和する可能性について言及しています。新しい記事と2番目の類似の記事の両方が、GBTCからの資金流出について議論しています。新しい記事には、類似の記事で既にカバーされている新しい事実や数字は提供されていません。したがって、新しい記事には独立して報告する価値のある新しい情報は含まれていないようです。

FTXは、主要な仮想通貨取引会社として知られており、最近の資金流出の大部分を占める約10億ドル相当のGrayscale Bitcoin Trust (GBTC) の株式を売却したと報じられています。これは、GBTCが今月初めにETFに変換された後の出来事です。FTXは、約10億ドル相当の価値がある2200万株のGBTCを清算し、GBTCの所有権をゼロにしました。この大規模な売却が完了したことで、売り圧力は緩和される可能性があります。さらに、Alameda ResearchはGrayscaleに対する訴訟を取り下げました。

GBTCがETFになった後、投資家たちは約20億ドル相当の資金を売却したとされています。FTXは、Grayscale Trustの株式価格と基礎となるビットコイン資産の純資産価値との価格差を利用しました。ETFへの変換前、FTXは5億9700万ドル相当の22,300万株のGBTCを保有していました。Grayscale Bitcoin ETFの取引開始日には、FTXのGBTC保有高は約9億ドルに上昇しました。FTXのブローカーアカウントであるED&F Man Capital Marketsは、5つのGrayscale Trustの株式とBitwiseが管理するフィアットトラストの株式約300万株を保有していました。

要約すると、FTXが約10億ドル相当のGBTC株式を売却したことにより、市場からの資金流出に寄与しました。この売却は、GBTCがETFに変換された後の出来事です。FTXの清算が完了したことで、売り圧力は緩和される可能性があります。さらに、Alameda ResearchはGrayscaleに対する訴訟を取り下げました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: