スポットビットコインETF投資家、機関投資家の購入にもかかわらず価格の下落を経験

By Blockworks – 2024/01/23 03:44:50 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Spot ETFの早期成功にもかかわらず、ビットコインの下降リスクが残ると専門家が指摘
Bitcoinの価格が約41,000ドルで推移し、スポットETFの取引量が急増

新しい記事では、機関投資家の買いやスポットビットコインETFの開始にもかかわらず、ビットコインの価格が下落していることが取り上げられています。また、グレイスケールのビットコイン信託からの資金流出やハイパービットコイン化の可能性についても触れられています。同様の記事でも、ビットコインの価格下落やスポットビットコインETFの開始と影響、グレイスケールのビットコイン信託からの資金流出について取り上げられています。しかし、新しい記事では、ハイパービットコイン化の可能性について独自の視点を提供しており、同様の記事では議論されていない点が特徴です。したがって、全体的なテーマは似ていますが、新しい記事は同様の記事にはない新しい分析と視点を提供しています。

スポットビットコインETFの株を購入した投資家は、仮想通貨投資家の間でよくある悩みを経験しています。ビットコインを購入するとすぐに価格が下がってしまうのです。ブラックロックやフィデリティなどの主要な金融機関が数十億ドル相当のビットコインを購入しても、仮想通貨の価格はほぼ20%下落しました。ビットコインの価格が下落したことは、ウォールストリートがビットコインを購入するというアイデアの方が実際の到着よりも強力であることを証明しています。さらに、グレースケールのビットコイン信託(GBTC)から数十億ドルが流出し、新しいスポットETFに流入したことで、機関投資のポジティブなセンチメントがさらに損なわれました。

スポットビットコインETFは、その基礎となるビットコインが人工的に希少で有限であるという点でユニークです。存在するビットコインは約2100万BTCであり、その大部分は既にマイニングされて流通しています。機関資本の流入は、新しいコインの日々の発行を上回っています。この傾向は、世界全体がビットコイン基準に移行する「ハイパービットコイン化」の可能性を示唆しています。ただし、現在の日々の発行量が供給と

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: