ビットコインETFの発売にもかかわらず、ビットコイン価格(BTC)が4万ドルを下回る

By CoinDesk – 2024/01/23 04:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin(BTC)価格がBitcoin ETFの影響で41,000ドルを下回る
Bitcoinの価格が約41,000ドルで推移し、スポットETFの取引量が急増

新しい記事と類似の記事は、最近のビットコイン価格の下落(4万ドルを下回る)と新しいビットコインETFの発売の影響について議論しています。それらは全て、新しいスポット商品への大きな流入とGrayscaleのGBTC商品からの流出を述べています。しかし、新しい記事は、10x Researchの予測を含むより詳細な分析を提供しています。予測によれば、価格は3月までに3万8000ドルに向かってさらに下落するとされています。この具体的な予測は、類似の記事には記載されていません。さらに、新しい記事は、ビットコインのトレンドが2021年10月2日以来初めて弱気に転じたという歴史的な文脈も提供しています。当時の価格は27,530ドルでした。この具体的な詳細も、類似の記事にはありません。したがって、全体的なトピックやテーマは類似していますが、新しい記事は類似の記事にはない新しい事実とより詳細な分析を提供しています。

ビットコイン(BTC)の価格は、新たな現物型上場投資信託(ETF)の発売にもかかわらず、12月以来初めて4万ドルを下回りました。ETFの導入後、ビットコインは一時的に4万9000ドルまで急騰しましたが、その後下落し続け、12月初め以来の最低価格に達しました。ただし、1年前の価格に比べて依然として倍以上の価値を保っています。

新たな現物型商品は大量の資金を集めており、ブラックロックのIBITやフィデリティのFBTCなどはわずか1週間でそれぞれ10億ドル以上の資産を運用しています。しかし、グレースケールのGBTC商品からは数十億ドルの資金が流出しています。投資家は利益を確定させたり、他の低コストの投資対象に移ったりしています。また、ヨーロッパやカナダの既存の現物型ビットコイン上場投資商品やProSharesのBITOなどの先物型ETFからも資金が流出しています。

10xリサーチによると、ビットコインのトレンドは2021年10月2日以来、初めて弱気に転じました。当時の価格は27,530ドルでした。これは、昨年の10月2日がその後の3ヶ月間で70%の上昇の始まりとなったことを覚えているブルたちにとっては慰めとなるかもしれません。10xリサーチは、価格が3月までに3万8000ドルに向けて引き続き下落すると予測しています。この予測は、予想よりも速いペースで進行しているものの、現実化しつつあると言えるでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: