バイナンスとSEC、暗号通貨の証券分類を巡る裁判で対決

By The Block – 2024/01/23 07:00:12 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
「SEC対バイナンスの法廷対決が雪嵐のため延期」
Coinbase対SEC:仮想通貨取引所に対する訴訟の妥当性が裁判で論争される

新しい記事と類似の記事は、すべてBinanceとSECの裁判について取り上げています。それらは、SECがBinanceに対して行った告発、特定の暗号通貨が証券と見なされるべきかどうかの議論、そしてこの事件が暗号通貨業界に与える可能性のある影響など、同じ主要なポイントをカバーしています。しかし、新しい記事には類似の記事にはない追加の詳細が提供されています。それは、二次市場の売買に関する問題や、SECの主張によれば、BinanceのステーブルコインであるBUSDが証券と見なされるべきであるという点を取り上げています。また、主要な問題の教義の適用可能性について、裁判官の懐疑的な見解も述べられています。これらの新しい事実により、新しい記事は類似の記事とは異なるものとなっています。

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスが、証券取引委員会(SEC)によって提起された訴訟に対抗するため、月曜日に裁判所に出廷しました。裁判官は、バイナンスで取引されている特定の仮想通貨が証券と見なされるべきかどうかについて、双方に質問をしました。SECは、バイナンスが顧客に嘘をつき、登録されていない取引所として運営し、資金を誤用したなど、さまざまな違反行為を行ったと主張しました。裁判官はまた、資産が証券であるかどうかを判断するHoweyテストの解釈についても疑問を呈しました。SECは、バイナンスが自社の事業やトークンの宣伝によって利益の期待を生み出したと主張しましたが、バイナンスの弁護士は、単なる宣伝だけでは要素にはならないと主張しました。

裁判の中で、二次市場での販売についても議論が行われました。バイナンスの弁護団は、これらの販売は投資のための資金を集めていないため、一次トークン販売と同じように扱われるべきではないと主張しました。しかし、SECは、トークンが証券の要素を持っている場合、その要素はどんな販売においても引き継がれると主張しました。SECはまた、バイナンスが提供するサービスとともに販売されたステーブルコインであるBUSDも証券と見なすべきだと主張しました。SECは、その主張を裏付けるために、Terraform Labsを巡る以前の事件を引用しました。

裁判官はまた、重要な問題の原則の適用可能性についても疑問を呈しました。この原則は、重要な国家的意義を持つ問題については、機関が明確な議会の承認を得る必要があるというものです。バイナンスは、この原則が自社のケースに適用されると主張しましたが、裁判官は懐疑的な意見を示しました。裁判の結果は、SECの仮想通貨資産に対する規制権限に重大な影響を与えるでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: