EigenLayer、DApps向けに「共有セキュリティ」モデルを提供予定

By PANews – 2024/01/23 10:29:17 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
EigenLayer、Dapps向けの「共有セキュリティ」モデルを計画

新しい記事と類似の記事の両方が、EigenLayerがDAppsに対して「共有セキュリティ」モデルを実装する計画について述べています。両方の記事は、公開ETHステーキングプールの使用とEigenLayerを主要な分散型アプリケーションプラットフォームと位置づける意図について触れています。両方の記事はまた、このモデルによってEigenLayer上で再ステーキングされたETHがネットワーク上で開発されたすべてのサービスで利用可能になり、普遍的なセキュリティメカニズムを提供することを強調しています。類似の記事では、EigenLayer上で現在再ステーキングされている17億ドルという同じ数字も言及されています。さらに、両方の記事はPolkadotの共有セキュリティモデルと比較しながら、EigenLayerのモデルはETHのステークホルダーやステーキングトークンLSTの保有者がこれらの資産を再ステーキングして、必ずしもEthereum上で実行されないブロックチェーンやサービスを保護することを可能にすると強調しています。したがって、新しい記事は類似の記事で既にカバーされていない新しい事実や数字を提供していないようです。

Ethereumの再ステーキングプロトコルであるEigenLayerが、「共有セキュリティ」システムを採用する計画であると、PANewsが1月23日に報じました。このシステムにより、プロトコルは公共のETHステーキングプールを利用してネットワークに参加することが可能となります。将来的には、チームはこのプロジェクトを主要な分散型アプリケーションプラットフォームと位置付け、他のプロジェクトが共有セキュリティの概念を利用してローンチできるようにする予定です。このバージョンでは、EigenLayer上で再ステーキングされたETH(現在の総額は17億ドル以上)がネットワーク上で開発されたすべてのサービスに同時に利用可能となり、普遍的なセキュリティメカニズムが実現されます。これにより、攻撃者が任意のプロトコルを経済的に破壊することを防ぎます。

メカニズムには重要な違いがありますが、Polkadotなどのプロジェクトによって同様の共有セキュリティモデルが導入されています。Polkadotは、リレーチェーンとDOTというネイティブトークンによって保護されたブロックチェーンエコシステムですが、EigenLayerではETHのステークホルダーやステーキングトークンLSTの保有者がこれらの資産を再ステーキングして、Ethereum上で実行されないブロックチェーンやサービスを経済的に保護することができます。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: