Coinbaseが米国財務省に対し、提案された暗号通貨のミキシング規制を再考するよう要請

By The Block – 2024/01/23 11:40:06 (JST)

Coinbaseが米国財務省に対し、提案された暗号通貨のミキシング規制を再考するよう要請しました。Coinbaseは、提案された規則が規制上のギャップに十分に対応しておらず、暗号通貨プラットフォームに不必要な負担を課していると主張しています。同社は、規制されたプラットフォームは既に不審な活動や不正な暗号通貨のミキシングに関する記録保存と報告の規則の対象となっていることを指摘しています。Coinbaseは、プラットフォームが合法的な目的を持つ暗号通貨のミキシング活動を含めてすべて報告する要件は、効率的ではなく、リソースの無駄遣いであると批判しています。また、報告のための金額の閾値がないことにも批判的であり、非不審な取引の大量報告を引き起こす可能性があると述べています。Coinbaseは、小額取引の大量報告を排除するための閾値の導入と、プライバシーやセキュリティのリスクを軽減するために、報告ではなく記録保存に重点を置くことを提案しています。

米国財務省の提案された規制は、マネーロンダリングに悪用されてきた暗号通貨のミキシング活動の透明性を向上させることを目的としています。暗号通貨のミキシングは合法的で革新的な目的にも利用される可能性があると認識しつつも、財務省は暗号通貨エコシステムの不正利用と悪用に対処したいと考えています。しかし、Coinbaseは、追加の報告要件を課す代わりに、財務省が既存の報告義務を果たすために取引所を支援すべきだと主張しています。Coinbaseは、具体的なガイダンスが問題解決により効果的であり、強制的な大量報告ルールよりも効果的であると考えています。また、小額取引の大量報告の必要性を排除するための閾値の導入や、プライバシーやセキュリティのリスクを軽減するために、報告ではなく記録保存に焦点を当てることを提案しています。

要約すると、Coinbaseは米国財務省の提案された暗号通貨のミキシング規制に関して懸念を表明しました。同社は、規則が規制上のギャップに十分に対応せず、暗号通貨プラットフォームに不必要な負担を課していると考えています。Coinbaseは、財務省が具体的なガイダンスを提供し、小額取引の大量報告を排除するための閾値を導入することを提案しています。同社は、これにより不正な活動への対処がより効果的になり、合法的な暗号通貨取引への影響を最小限に抑えることができると主張しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: