Coinbase、米財務省に対し仮想通貨ミキシング規制の見直しを要請

By PANews – 2024/01/23 11:40:33 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Coinbaseが米国財務省に対し、提案された暗号通貨のミキシング規制を再考するよう要請

新しい記事と類似の記事を比較すると、主要なポイントと事実が同じであることが明らかです。両方の記事は、Coinbaseが米国財務省の仮想通貨のミキシングに関する提案された規制に対する対応を議論しています。両方の記事は、提案された規則が規制上のギャップを十分に解消せず、仮想通貨プラットフォームに不必要な負担を課すというCoinbaseの主張を強調しています。両方の記事はまた、小額取引の一括報告を排除するための金銭的な閾値の導入や、プライバシーやセキュリティのリスクを軽減するための報告よりも記録保持に重点を置くというCoinbaseの提案についても言及しています。新しい記事では、既に類似の記事でカバーされていない新しい事実や数字は提示されていません。

Coinbaseが、仮想通貨ミキシングに関する提案された規制について、米国財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)にコメントを提出しました。同社は、これらの規則が規制上のギャップに対処せず、不要なデータとリソースを仮想通貨プラットフォームから要求していると主張しています。Coinbaseは、規制されたプラットフォームは既に不審なミキシング活動や違法な活動を報告する義務を負っているが、合法的な目的を持つミキシング活動を含めてすべての活動を報告することは効率的ではないと考えています。同社は、小額取引に対する一括報告を排除するために金銭的な閾値を導入することを提案しています。

さらに、Coinbaseは、プライバシーやセキュリティのリスクを軽減するために、報告ではなく記録保持のみが必要とされるべきだと提案しています。Coinbaseのコメントは、FinCENが提案した規則に対する回答であり、仮想通貨ミキシング活動の透明性を高めることを目的としています。これらの提案された規則は、昨年10月に導入され、不正行為者によるマネーロンダリングのためのミキシングサービスの利用に対処することを目指しています。FinCENはマネーロンダリングの可能性を認識しつつも、仮想通貨ミキシングは「合法的で革新的な目的」にも利用される可能性があると認識しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: