米国議員マキシン・ウォーターズ氏、メタの仮想通貨への取り組みに疑問符

By CoinDesk – 2024/01/23 13:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
トップ民主党議員マキシン・ウォーターズ氏、Metaのデジタル資産計画に懸念表明

この記事と類似の記事の両方が、議員マキシン・ウォーターズ氏がMetaが仮想通貨業界に進出する取り組みについて懸念を表明していることについて取り上げています。両方の記事は、彼女がMetaのCEOおよびCOOに送った手紙を取り上げ、同社がデジタル資産サービスおよびブロックチェーン技術に関連する5つの商標出願を行っていることを強調しています。両方の記事はまた、Metaが進行中のデジタル資産に関連する業務はないと主張しているにもかかわらず、特許出願がデジタル資産エコシステムの拡大意図を示していることを指摘しています。類似の記事では、ウォーターズ氏がMetaの仮想通貨への関与について過去に懸念を表明しており、特にLibraステーブルコインプロジェクト(Diemプロジェクトとも言及されています)についても取り上げています。この記事には、類似の記事で既に取り上げられていない新しい事実や数字はありません。

米国議員マキシン・ウォーターズ氏が、メタ(旧Facebook)の仮想通貨業界への拡大に懸念を表明しました。ウォーターズ氏は、CEOのマーク・ザッカーバーグ氏とCOOのハビエル・オリバン氏宛てに送った手紙で、メタがデジタル資産サービスやブロックチェーン技術に関連する5つの商標出願を行っていることを指摘しました。メタは現在、デジタル資産に関連する業務は行っていないと主張していますが、ウォーターズ氏は同社の特許出願がデジタル資産のエコシステム拡大の意図を示していると指摘しました。

ウォーターズ氏は、これが初めてではなく、以前にもビッグテック企業がデジタル資産業界に参入することに懸念を表明しており、PayPalのステーブルコインについても質問しました。メタは以前、独自のデジタル通貨プロジェクトであるDiemを立ち上げようとしましたが、ワシントンや世界の規制当局からの反発を受け、2022年にSilvergate Bankに売却されました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: