FTX系列のAlameda ResearchがGrayscaleに対する訴訟を取り下げ、GBTCがETFに変換されたことが明らかになった

By CoinDesk – 2024/01/23 14:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
FTXがGrayscaleのビットコインETF(GBTC)を約100億ドル売却、投資家が撤退
FTXが約100億ドルのGrayscale Bitcoin ETFを売却し、資金の流出に寄与

新しい記事と類似の記事はすべて同じ主要なポイントについて議論しています。それは、GBTCのETFへの変換、その後の資金の引き出し、そしてFTXがGBTC株式を売却することです。Alameda ResearchによるGrayscaleへの訴訟とその後の引き出しも、すべての記事で言及されています。しかし、新しい記事には類似の記事には見られない追加情報があります。それは、FTXが現在直面している顧客の請求件数と、トップ50の法人債権者に対するFTXの負債額を示しています。また、現在のビットコインの取引価格も提供されています。したがって、全体的な内容は似ていますが、新しい記事には類似の記事にはない新しい事実が含まれています。

FTXの関連会社であるAlameda Researchは、Grayscale Investmentsに対する訴訟を取り下げました。これは、Grayscaleの主力信託商品であるGBTCが上場投資信託(ETF)に変換された後のことです。昨年3月に提起された訴訟では、FTXの崩壊により、投資家の資金のうち約90億ドルがGBTCに閉じ込められたと主張されていました。訴訟ではまた、Grayscaleが過剰な手数料を請求しているとも主張されていました。なお、Alamedaが訴訟を取り下げた理由は提出されていません。GrayscaleのCEOであるMichael Sonnenshein、Grayscaleの親会社であるDigital Currency Group(DCG)、およびDCGのCEOであるBarry Silbertも訴訟から除外されました。

FTXは現在、総額160億ドルに上る36,075件の顧客からの請求に直面しており、トップ50の法人債権者に対して約31億ドルの債務を抱えています。Alamedaが訴訟を自発的に取り下げたことは、Grayscaleの立場を支持し、この訴訟が根拠のないものであったことを示しています。GBTCは最近、証券取引委員会(SEC)の承認によりETFになり、GBTCの保有者は簡単にポジションを解消することができるようになりました。変換後、約28億ドルがGBTCから引き出されました。FTXはまた、GBTCの株式を10億ドル以上売却したと報じられています。執筆時点では、ビットコインは40,419ドルで取引されており、過去24時間で約3%下落しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: