Socket、Bungeeのエクスプロイト後に1,032 ETHを回収し、ユーザーへの分配を計画

By The Block – 2024/01/23 20:00:06 (JST)

Socketは、同社が開発するBungeeブリッジプロトコルにおけるエクスプロイトに続き、1,032 ETH(約2,300万ドル相当)を回収したと発表しました。先週発生したこの事件により、最大で330万ドル相当の資金が盗まれたと、ブロックチェーンセキュリティ企業のPeckShieldが報告しています。

このエクスプロイトは、Socketの契約に無制限の承認を持つウォレットを標的とし、プロジェクトは影響を受けた契約を一時停止しました。この脆弱性は、ユーザーの入力の不完全な検証に起因し、脆弱なSocketGateway契約を承認したユーザーから資金を盗むことが可能になりました。Socketは、影響を受けたユーザーに対して回収と分配計画を近々発表する予定です。

この回収の取り組みは、ユーザーの資金を保護し、エコシステム内の信頼を維持するために、暗号資産のセキュリティ脆弱性に対処する重要性を示しています。開発者やユーザーにとって、潜在的なエクスプロイトに対抗するために警戒を怠らず、堅牢なセキュリティ対策を実施することが重要です。暗号資産業界が成長を続ける中で、プロトコルやプラットフォームのセキュリティと信頼性を確保することは、参加者にとって安全で信頼性のある環境を築く上で不可欠です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: