市場が売り圧力に直面し、ビットコインが39,000ドルを下回る

By CoinDesk – 2024/01/23 22:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコイン(BTC)価格、スポットETFのデビューが期待外れで39,000ドルを下回る
FTTトークンが急騰、ビットコインは「売りのニュース」ETFで下落

新しい記事と類似の記事は、ビットコインの価格が39,000ドルを下回り、新たに立ち上げられたETFに関連する機関投資家の売却によるものとしています。また、FTXの破産財団によるGrayscaleのGBTCビットコインETFの22百万株の売却も取り上げられています。さらに、全ての記事は、破産した暗号通貨取引所FTXのネイティブトークンであるFTTトークンの上昇を最大11%まで強調しています。新しい記事では、類似の記事では取り上げられていないCBDCに対するドナルド・トランプの反対も触れられています。ただし、この情報は記事の主要な焦点ではなく、全体のストーリーに大きな変化をもたらすものではありません。したがって、新しい記事には類似の記事に含まれていない新しい事実や分析は含まれていないようです。

ビットコインは新たに上場されたETFに関連する機関投資家の売りにより、12月初め以来の最低水準となる39,000ドルを下回りました。CoinDesk 20指数によれば、広範な仮想通貨市場でも平均的な下落が見られ、約6%の減少となりました。ビットコイン価格の急落により、短期投資家は大きな損失を被り、売り圧力が増加しました。

FTXの破産した仮想通貨取引所のネイティブトークンであるFTTは、市場のトレンドに逆行して最大11%上昇しました。これは、FTXの破産財産がGrayscaleのGBTCビットコインETFの2,200万株(約10億ドル相当)を売却したとの報道に続いています。FTTトークンは、FTXの崩壊以降、主に投機目的で使用されてきましたが、FTXの再開や債権者への返済のニュースにより一時的な価格上昇が起こりました。

元米国大統領のドナルド・トランプは、ニューハンプシャー州での集会で中央銀行デジタル通貨(CBDC)に対する反対意見を再度表明しました。彼は共和党の元候補者ヴィヴェク・ラマスワミをその政策の立案者とし、CBDCの創設を絶対に許さないと述べ、それを自由への危険な脅威と呼びました。デジタル資産は2024年の米国大統領選挙で中心的な問題ではありませんが、共和党候補者によって議論の対象とされており、最近の候補者の辞退によりその重要性は薄れる可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: