Ethereumの相互運用性ハブPolymerが、マーキーニベスターから2,300万ドルのシリーズA資金調達を実施

By CoinDesk – 2024/01/24 00:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Ethereum Layer 2 開発企業のPolymer Labs、シリーズAラウンドで2300万
Polymer Labsが2.3億ドルを調達し、EthereumでIBCを進める

新しい記事と類似の記事は、すべてPolymer LabsがシリーズAの資金調達で2300万ドルを調達したという同じ出来事について報じています。関与した投資家、調達された金額、資金調達の目的(イーサリアムベースの相互運用性ハブの開発を進めるため)は、すべての記事で一致しています。新しい記事には、既に類似の記事でカバーされている新しい事実や数字は提供されていません。したがって、新しい記事には類似の記事とは異なる新しい情報は含まれていません。

Ethereumをベースとした相互運用性ハブであるPolymer Labsは、シリーズAの資金調達で2,300万ドルを調達しました。この資金調達は、Blockchain Capital、Maven 11、Distributed Globalを共同リードし、Coinbase Ventures、Placeholder、Digital Currency Groupなどが参加しました。Polymer Labsは、異なるブロックチェーン同士の通信を可能にするために、Inter-Blockchain Communication(IBC)プロトコルを活用して相互運用性の課題に取り組んでいます。

同社のレイヤー2ネットワークはEthereum上に構築されており、既存のトークンブリッジと比べてより信頼性の高い標準化されたソリューションを提供することを目指しています。Polymer Labsは、3,600万ドルのシード資金調達を終えてから約2年後にステルスモードから登場しました。相互運用性ハブの目的は、レイヤー2の普及に伴う課題に対処することです。既存のトークンブリッジなどの解決策は信頼性に欠け、ハッキングの脆弱性があり、Ethereumエコシステム内での標準化の不足や大きな損失が生じています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: