BIS、2024年の取り組みプログラムにトークン化プロジェクトとCBDCプライバシー研究を発表

By The Block – 2024/01/24 00:10:06 (JST)

国際決済銀行(BIS)イノベーションハブは、2024年の取り組みプログラムに向けて6つの新しいプロジェクトを発表しました。そのうちの1つである「プロジェクト・プロミッサ」は、デジタルトークン化された約束手形を容易にするプラットフォームの概念実証を目指しています。このプロジェクトでは分散台帳技術を使用して、これらの手形の管理と透明性を簡素化する予定です。BISは、概念実証を2025年初めまでに終了する予定です。もう1つのプロジェクトである「プロジェクト・アウラム」は、小売中央銀行デジタル通貨(CBDC)における支払いのプライバシーについて研究することを目的としています。このプロジェクトの目標は、CBDCシステムのプライバシー設計における中央銀行の理解を進めることです。

BISイノベーションハブは、トークン化プロジェクトを立ち上げ、CBDCのプライバシーに関する研究を進めています。プロジェクト・プロミッサは、分散台帳技術を活用してデジタルトークン化された約束手形のプラットフォームを開発することを目指しています。BISは、これらの手形の管理と透明性を簡素化する計画です。一方、プロジェクト・アウラムは、小売CBDCにおける支払いのプライバシーについて研究することに焦点を当てています。このプロジェクトの目標は、CBDCシステムのプライバシー設計における中央銀行の理解を深めることです。両プロジェクトはBISの2024年の取り組みプログラムの一環です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: