UmaがDeFiプロトコルでのオラクル抽出価値を捉えるためのOvalを発表

By The Block – 2024/01/24 00:40:12 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Umaトークン、MEVに焦点を当てたソリューション「Oval」を示唆後に90%急騰

ウマの新しいソリューションであるOvalのローンチについて、新しい記事と類似の記事の両方が議論しています。OvalはDeFiプロトコルのオラクルの更新から価値を捉えることを目指しています。両方の記事は、ウマとFlashbotsの協力関係とOvalがMEVに与える影響について言及しています。しかし、新しい記事には類似の記事にはない追加情報があります。それは、オラクル抽出価値(OEV)の概念とOvalがそれにどのように対応しているかを説明しています。また、MEVサーチャーがオークションシステムに参加し、特定のプロトコルに関連するChainlinkのオラクルからデータにアクセスする権利を入札し、その収益がプロトコル自体に還元される仕組みについても詳細に説明しています。さらに、新しい記事ではウマトークンの価値が最近230%急上昇し、時価総額が5億1000万ドルに達したと報告しています。これは類似の記事で報告された数字(90%の急上昇と時価総額3億ドル)よりも高いです。したがって、新しい記事には新しい事実が含まれており、類似の記事とは重複していません。

ブロックチェーンプロジェクトのUmaは、オラクルの更新から価値を捉えるためのOvalというソリューションを発表しました。Ovalは具体的にはオラクル抽出価値(OEV)をターゲットにしており、これはオラクルベースの価格更新時に生成される価値を指します。MEV(マイナー抽出価値)は、イーサリアムネットワーク上のブロック内でトランザクションの順序を操作することで価値を抽出することを意味します。OEVは、プロトコルがオラクルから価格の更新を要求する際に生じ、市場が反応する前にトレーダーがこの情報を活用する機会を生み出します。

Ovalの目標は、レンディングプラットフォームなどのプロトコルがこのソリューションを活用し、オラクルの更新時に生成される価値を保持し、利益を得ることです。この仕組みでは、MEVの探索者がオークションシステムに参加し、特定のプロトコルに関連するChainlinkのオラクルからデータにアクセスする権利を入札します。オークションの収益は、プロトコル自体に利益をもたらします。

Ovalの展開は、UmaとMEVの研究開発企業であるFlashbotsの共同取り組みです。Umaは2017年にイーサリアムベースのシンセティックアセットに焦点を当てたDeFiプロトコルとして始まりましたが、現在はユーザーが経済的なインセンティブと紛争解決を通じてオンチェーンでデータを検証できる製品を提供しています。Ovalのリリース発表後、Umaトークンは230%の急騰を記録し、時価総額は2022年以来の最高値である5億1000万ドル近くに達しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: