CoinbaseとBlockchain Association、FinCENによる暗号通貨ミキシングサービスへの取り締まりに異議を唱える

By Blockworks – 2024/01/24 02:04:07 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Coinbase、米財務省に対し仮想通貨ミキシング規制の見直しを要請
Coinbaseが米国財務省に対し、提案された暗号通貨のミキシング規制を再考するよう要請

CoinbaseとBlockchain Associationが提案された仮想通貨のミキシングサービス取り締まりに対して抗議していることが、新しい記事と類似の記事で議論されています。彼らは提案が広範すぎて仮想通貨のミキシングの合法的な使用方法を考慮していないと考えていることを共通して述べています。また、Coinbaseは追加の報告要件の必要性や提案における金額の閾値の欠如に疑問を呈しています。類似の記事では、Coinbaseが小額取引の一括報告を排除するために金額の閾値を導入する提案も言及されています。したがって、新しい記事には類似の記事に含まれていない新しい事実や分析は含まれていないようです。

CoinbaseとBlockchain Associationが、米国財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)の暗号通貨ミキシングサービスへの取り締まり案に異議を唱えています。FinCENの提案は、2021年10月に導入され、変換可能な仮想通貨(CVC)のミキシングを主要なマネーロンダリングの懸念事項の一部として分類することを目指しています。

Blockchain Associationは、この提案が広範であり、暗号通貨ミキシングの合法的な利用方法を考慮していないと主張しています。提案に対する回答の中で、同協会は、FinCENが公開ブロックチェーン上のCVCミキシングのプライバシーの利点を認識していないため、主要なマネーロンダリングの懸念事項と結論付けることは不可能であると述べています。また、CVCミキシングプロトコルが法を守る個人が従来の金融取引と同様のプライバシーを実現するのに役立つこと、デジタル資産の領域で同じ程度のプライバシーを望むことには何の疑いもないと強調しています。

Coinbaseは、FinCENへの書簡で、追加の報告要件の必要性を疑問視し、提案における金銭的な閾値の不足にも言及しています。同社は、規制された仮想資産サービスプロバイダー(VASP)は既に不正なミキシング活動に関する可疑な活動報告を提出する義務があるため、なぜこれらの既存の要件がFinCENによって不十分と見なされるのかは明確ではないと主張しています。Coinbaseはまた、大量のデータの報告が法執行機関に有益な情報を提供しないことに懸念を示しています。

CoinbaseとBlockchain Associationの両者は、暗号通貨ミキシングサービスへの取り締まり案が合法的なデジタル資産活動に汚名を着せ、業界に重大なコストを課し、不正な取引を海外に追いやる可能性があると考えています。彼らは、法令を遵守する企業の成長を促進し、義務を果たさない企業を責任に追い込む規制環境の重要性を強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: