NFTの約束と危険:NFT市場の課題と進化

By CoinDesk – 2024/01/24 06:30:06 (JST)

NFT(非代替トークン)は機会を創出する可能性を持っていますが、その完全な社会的可能性に到達するにはまだ作業が必要です。NFT技術に関連する課題は取り組まれており、高い価値を持つアプリケーションがイノベーションを推進しています。NFT革命の基盤となるブロックチェーンプラットフォームは、トランザクションを処理するために分散型のコンピュータネットワークを利用しており、中央集権的な制御から保護されていますが、高いトランザクションコストが発生します。NFTの作成や取引において主要なブロックチェーンであるEthereumネットワークは、2022年には世界のデイリーエネルギー使用量のかなりの部分を占めていました。ネットワークが新しいトランザクション処理アーキテクチャであるプルーフ・オブ・ステーク(POS)に切り替わったことで環境への影響は99%以上減少しましたが、トランザクションコストは依然として課題となっています。初期のNFT市場においては中央集権化の例もありましたが、個々のデジタル資産の制御権を個人に与えることが市場の構造に影響を与えていました。2022年末までに、OpenSeaにはいくつかの主要な競合他社が登場し、ユーザーはデジタルウォレットを接続することで簡単にプラットフォームを切り替えることができました。Web2の巨大企業であるX(旧Twitter)がWeb3の世界に参入する際には、ユーザーが以前とは異なるレベルのデータ制御を求めることを受け入れる必要がありました。

要約すると、NFTはさまざまな産業を革新する可能性を秘めていますが、高いトランザクションコストや環境への懸念などの課題があります。しかし、市場は進化しており、新たな競合他社が登場し、個人がデジタル資産をより多く制御することができるようになっています。Web3への移行には、プラットフォームがユーザーのデータ制御の要求に対応する必要があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: