Avalanche Foundation、ミームコインの購入に関するルールを設定

By CoinDesk – 2024/01/24 08:40:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Avalanche Foundation、ミームコインの購入に「資格フレームワーク」を発表

新しい記事と類似した記事の両方が、Avalanche Foundationの新しい「購入のための適格性フレームワーク」について言及しています。両方の記事は、コインがAvalancheブロックチェーンに固有であり、作成者から独立しており、少なくとも1ヶ月存在している必要があると述べています。また、これらの条件を満たしても購入が保証されるわけではないとも述べています。しかし、類似した記事では、最小のホルダー数、流動性、時価総額、平均日次取引量など、より詳細な基準が提供されています。これらの追加の詳細があるにもかかわらず、両方の記事で核心情報は同じです。したがって、新しい記事には類似した記事に含まれていない新しい事実や分析は提供されていないようです。

Avalanche Foundationがミームコインの購入に関する「資格基準」を公開しました。Avalancheブロックチェーンを支援するこの組織は、既に1億ドルの「Culture Catalyst」基金からミームコインを購入し始めています。ただし、ミームコインの作成者は購入の対象となるためにはいくつかのルールに従う必要があります。

これらのコインは、作成者から独立しており、Avalancheブロックチェーンにネイティブである必要があります。また、チームに割り当てられたトークンや他のブロックチェーン上のクローンは存在していてはなりません。さらに、トークンの保有者が過剰でないこと、セキュリティ企業による検証が行われていること、ホワイトリストが存在することなどの要件があります。また、ミームコインは少なくとも1か月以上存在している必要があります。

これらのルールは柔軟であり、単にルールを満たすだけではミームコインが購入される保証はありません。Avalanche Foundationは、ブロックチェーンの領域における創造性、文化、連帯の全範囲を受け入れ、ミームコインやNFT、コミュニティが文化とエンゲージメントのために作成した類似のトークンをコミュニティコインとして見なしています。ただし、具体的にどのトークンを購入したか、ミームコインに割り当てられた資本の額、またはポジションを積極的に管理するかについては開示されていません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: