アーサー・ヘイズ:Bitcoinのサポートレベルは30,000ドルから35,000ドル、BTFPの非更新の潜在的な影響

By PANews – 2024/01/24 10:26:28 (JST)

BitMEX共同創設者のアーサー・ヘイズは、最近のBitcoinの暴落はGrayscale Bitcoin Trust(GBTC)からの資金流出ではなく、銀行の資金供給計画(BTFP)の非更新の可能性に起因すると考えています。ヘイズは、Bitcoinが30,000ドルから35,000ドルの範囲で一時的な底を見つけ、3月にS&P指数とニューヨーク証券取引所が急落する中でBitcoinが上昇すると予測しています。彼は2024年3月29日のストライク価格が35,000ドルのプットオプションを購入するなど、取引戦略を実施し、Bitcoinが35,000ドルを下回った場合にはディップでの買い増しを計画しています。

ヘイズは、Bitcoinの暴落がGBTCからの資金流出によるものではないと主張し、GBTCからの資金流出と新たに上場したスポットBitcoin ETFへの資金流入を比較すると、実際には1月22日時点で純流入額が8億2000万ドルあると述べています。彼はBTFPの非更新が小規模な金融危機を引き起こし、連邦準備制度が利下げ、QTの縮小、または量的緩和(QE)を通じたマネー印刷を再開することを余儀なくされると信じています。

ヘイズは、BTFPの非更新がBitcoinにポジティブな影響を与えると予想しており、連邦準備制度の利下げやマネー印刷の言葉が具体的な行動に移る前にBitcoinが反応すると考えています。彼はBitcoinのサポートレベルを30,000ドルから35,000ドルと見込み、プットオプションを購入し、SolanaとBonkのポジションを売却するなど、取引ポジションを調整しました。もしBTFPが更新されない場合、Bitcoinが35,000ドルを下回った時にディップで買い増しする予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: