BitcoinマイナーのCore Scientific、再編成後にNasdaqでの取引再開へ。マイニング能力を50%増加予定

By The Block – 2024/01/24 13:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインマイナーのCore Scientific、再構築プロセスを完了し、水曜日にナスダックに再

新しい記事と類似の記事の両方が、Core Scientificが再編成と債務の転換に成功し、Nasdaqに復帰することを取り上げています。両方の記事はまた、同社が次の4年間でマイニング能力を50%以上増やす計画についても言及しています。しかし、新しい記事は、ビットコイン市場の現状や、Marathon DigitalやRiot Platformsなどの他のビットコインマイナーのパフォーマンスに関する追加情報を提供しています。また、ビットコインマイニング業界の今後のハーフィングイベントに向けたCore Scientificの準備についても言及しています。したがって、主題は同じですが、新しい記事は類似の記事にはない追加の文脈と分析を提供しています。

テキサス州に拠点を置くビットコインマイニング企業Core Scientificは、2022年の破産申請後、再編成を成功させ、Nasdaqへの復帰を発表しました。同社の再編計画により、4億ドルの債務を株式に変換することで、全体の債務負担を大幅に減らしました。Core Scientificは、次の4年間でマイニング能力を50%以上増やす計画です。新たなビットコインマイナーの導入によってこの成長を実現します。同社は、エネルギーを高付加価値の計算に変換する能力を活かし、ビットコインマイニングや他の潜在的な応用に価値を創出することを目指しています。

Core Scientificの株式市場への復帰は、他のビットコインマイナー企業であるMarathon DigitalやRiot Platformsの株価が下落している時期に行われました。この株価の下落は、米国政府が複数のスポットビットコイン上場投資信託を承認したことによるビットコイン市場の最近の変動性に起因しています。Marathon Digitalの株価は今月初めから29.74%下落し、Riot Platformsは同じ期間に32.6%下落しました。これらの課題にもかかわらず、Core Scientificは将来の展望に楽観的であり、ビットコインマイニング業界の今後のハーフィングイベントに備えながら成長計画の実行に集中しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: