EthereumネットワークにおけるGethのシェアが5%以上減少、中央集権化と「ブラックスワンイベント」への懸念が浮上

By PANews – 2024/01/24 15:12:33 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
EthereumのNethermindソフトウェアのバグが「クライアントの多様性」リスクの議論を引き
Coinbase、Nethermindのバグに続き、クライアントの多様性に関する懸念に対処

新しい記事では、中央集権化と潜在的な「ブラックスワンイベント」への懸念により、EthereumネットワークにおけるGethの市場シェアの低下が取り上げられています。また、2番目に大きな実行クライアントであるNethermindの市場シェアの増加や、Coinbaseがマルチクライアントインフラへの移行を計画していることも言及されています。同様の記事では、Nethermindのバグやクライアントの多様性の必要性、そしてCoinbaseがこれらの懸念に対する対応についても議論されています。しかし、新しい記事では、Gethの重大なエラーによるEthereumネットワーク上でのステークされたイーサリアムの潜在的な損失について具体的な数字が示されており、同様の記事には言及されていません。したがって、新しい記事には同様の記事にはない新しい事実が含まれています。

Ethereumの実行クライアントであるGethのシェアが5%以上減少しました。中央集権化と潜在的な「ブラックスワンイベント」への懸念が原因です。GethはEthereumネットワーク上でトランザクションの処理やスマートコントラクトの実行に重要ですが、その支配力が実行クライアントの多様性の不足につながるという懸念が生じています。コミュニティメンバーは、Gethの脆弱性がネットワーク上でステーキングされたEthereumの大部分の消失につながる可能性があると心配しています。そのため、このような事態を防ぐために、より弱いクライアントの使用が求められています。2番目に大きな実行クライアントであるNethermindのシェアは増加しています。

Gethに重大なミスが発生した場合、Ethereumのバリデーターはすべてを失うリスクに直面します。Gethが市場シェアの2/3以上を占めているため、重大なエラーが発生するとチェーンの最終性が停止し、ステーキングされたEthereumが破壊される可能性があります。このシナリオでは、バリデーターがステーキングしたEthereumの90%が約40日で消失する可能性があります。バリデーターの退出と損失の緩和のための時間枠は、エポックごとに退出できるバリデーターの数に制限があるため、非常に短いです。これらの懸念に対応するため、最大のEthereumバリデーターの1つであるCoinbaseは、今後数ヶ月でマルチクライアントのインフラストラクチャに移行する予定です。

重大なバグを特定し修正したにもかかわらず、Nethermindのシェアは増加しています。Gethからの移行を発表したCoinbaseの動きは、複数の実行クライアントの使用へのトレンドの変化を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: