ビットコインETFの登場:暗号通貨株式への新時代か、それともその支配への脅威か?

By CoinDesk – 2024/01/25 02:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインETFが資産を約40億ドルに増やし、フィデリティとブラックロックがトップを争う
Bitcoin ETFの解説:仕組みと暗号通貨市場における重要性

新しい記事では、Bitcoin ETFの成功した立ち上げ、約40億ドルの資産の蓄積、そして最初の3日間での100億ドルの取引高について取り上げています。また、GrayscaleのBitcoin ETF(GBTC)からの約28億ドルの流出についても触れています。同様の記事では、Bitcoin ETFの立ち上げや資産の蓄積、GBTCからの流出についても取り上げられています。しかし、新しい記事では、ETFが暗号通貨関連の株式や市場の展望に与える影響についての追加の分析も提供されており、これは同様の記事ではカバーされていません。新しい記事では、Bitcoinマイナーが直面する課題やCoinbaseの収益への潜在的な影響についても取り上げていますが、これらは同様の記事では言及されていません。したがって、取り上げられるトピックには類似点がありますが、新しい記事には同様の記事にはない新しい事実と分析が提供されています。

ビットコインETFのローンチは成功し、11つの新しいETFは約40億ドルの資産を集め、最初の3日間で100億ドルの取引高を記録しました。しかし、GrayscaleのビットコインETF(GBTC)からは約28億ドルの流出があり、クローズドエンドファンドに閉じ込められた投資家が出口の流動性としてETFを利用しました。ローンチ後、ビットコインと業界に関連する企業は売り込まれましたが、この弱含み期間は短期的なものと予想されています。投資家はGBTCの流出を監視し、売りが減少する兆候を見極めることで、主要な投資家が市場に参入することが予想されています。

投資家が暗号資産に露出した公開市場で公開取引企業を購入し始めるかどうかはまだ不確定です。これまでは、これらの企業が公開市場で成長する資産クラスへの露出を提供する唯一の手段でした。しかし、ETFが利用可能になったことで、投資家はこれらの企業をビットコインの価格だけでなく、その価値に基づいて評価するようになります。ETFの売り込みが収束するにつれて、これらの企業の品質が明らかになるでしょう。CoinbaseはETFのローンチにより、小売取引からの高利益手数料収入が減少する可能性がありますが、資産クラスが上昇し続ければ、小売投資家が戻ってくる可能性があります。一方、ビットコインマイナーは報酬を得るためにより多くの計算能力を必要とし、4月に予定されているビットコインのハーフィングによりブロック報酬が半減します。一部のマイナーは成功するかもしれませんが、暗号通貨業界全体を利益に導く上昇トレンドは終わりました。全体として、ビットコインETFのローンチは投資家により多くの選択肢を提供し、企業が収益性の高い運営を行うよう促すことで、暗号通貨業界の成熟を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: