Polygon Labsが2月にブロックチェーンの相互運用性のためのAggLayerを発表予定

By The Block – 2024/01/25 03:50:06 (JST)

Polygon Labsは、Polygonネットワークの開発チームであるAggLayerの近日発売を発表しました。AggLayerは、ゼロ知識証明を使用して異なるブロックチェーンを接続することを目指しており、決済層としてEthereumを活用します。AggLayerの主な目的は、開発者がブロックチェーン間の接続を確立し、統一された流動性をサポートできるようにすることです。これにより、開発者はPolygonエコシステム内の異なるブロックチェーン間で資産やデータをシームレスに移動できる能力を持つことになります。AggLayerは、接続されたチェーン全体で均一なセキュリティを確保し、分散型アプリケーションのための堅牢で信頼性の高いインフラストラクチャを提供します。

AggLayerは、Polygonネットワークの次のバージョンであるPolygon 2.0の重要なコンポーネントとなります。従来の相互運用性のソリューションとは異なり、AggLayerは接続されたすべてのチェーンからゼロ知識証明を集約します。これにより、個々のチェーンがトランザクションを検証する必要がなくなり、AggLayerが証明を統合・検証し、単一のチェーンのようなシームレスで集約された環境を作り出します。このアプローチにより、ネットワークの効率性とスケーラビリティが向上し、dAppsや他のブロックチェーンベースのプロジェクトの開発プロセスが簡素化されます。

AggLayerに加えて、Polygon Labsは以前にもエコシステム向けの「ステーキングレイヤー」の取り組みを発表しています。このステーキングレイヤーは、ユーザーがトークンをステーキングし、ネットワークのコンセンサスメカニズムに参加することで報酬を得る機会を提供します。これらの新しい開発により、Polygonはブロックチェーンの相互運用性の分野でリーディングプレイヤーとして位置付けられ、分散型アプリケーションの機能性と利便性を向上させる革新的なソリューションを提供しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: