2023年にSECが46件の暗号通貨関連の執行措置を実施:報告書

By Blockworks – 2024/01/25 04:13:16 (JST)

SECが2023年に暗号通貨企業に対して過去最多の46件の執行措置を行ったと、Cornerstone Researchの報告書が明らかにしました。これは2022年の30件に比べて50%以上の増加です。執行措置の大部分は証券法違反を主張し、57%は詐欺を主張しています。SECは2023年末までに暗号市場参加者に対して28.9億ドル相当の罰金を科しました。

報告書はまた、訴訟の数はわずかに増加し、2022年に比べて行政手続きの数は3倍以上に増えたと指摘しています。SECの会計年度は9月から9月までの期間ですので、規制当局の報告とCornerstoneの調査結果は異なる場合があります。SECのゲンスラー議長は、執行は手段であり、最終目標ではないと強調しています。

2023年、SECは米国投資家向けの取引プラットフォームに対する執行措置に重点を置きました。特に、主要な取引所であるCoinbaseとBinanceに対して、未登録の取引所と未登録の証券の提供を行ったとして措置を取りました。SECはまた、NFTに対する初の執行措置を8月に行いましたが、委員のヘスター・ピアースとマーク・ウエダはこの措置に異議を唱えました。両委員はビットコインETFの承認に賛成票を投じました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: