RippleのDavid SchwartzがXRP Ledgerの採用と分散化について語る

By CoinDesk – 2024/01/25 05:10:05 (JST)

Ripple LabsのCTOであるDavid Schwartzは最近のインタビューで、RippleのSECとの法的闘争の余波や銀行や金融機関によるブロックチェーン技術の採用など、さまざまなトピックについて話しました。法的勝利はRippleのプラットフォームにさらなる開発者を引き寄せる可能性がありますが、SchwartzはXRP Ledgerを維持する許可された検証者のコンソーシアムへの信頼の重要性を強調しました。彼はBitcoinの検閲と同様の状況であり、もし検証者が悪意を持って行動した場合、コミュニティはそれを容認するか、代替のコンセンサスメカニズムに切り替えるかを決定しなければならないと述べました。Schwartzは、XRP Ledgerの中央集権化に関する懸念は他のブロックチェーンネットワークと同様であると主張しました。

インタビューでは、RippleやXRP LedgerがBitcoinやEthereumと同じレベルの開発者の関心を得られなかったことに対する批判にも言及しました。彼は、他のシステムの利点を誇張して高価な代替案を売り込む人々がいると示唆しました。課題にも関わらず、SchwartzはRippleとXRP Ledgerの将来について楽観的な姿勢を持っています。

全体として、このインタビューでは、機関の採用、分散化、および検証者の役割について議論されました。Schwartzの洞察は、Rippleの進展や批判に対処し、より多くのユーザーをプラットフォームに引き付けるための取り組みに光を当てています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: