NobleがHashnoteと提携し、Cosmos上でトークン化された証券を導入

By The Block – 2024/01/25 05:10:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
NobleとHashnoteがCosmos上でトークン化された米国財務省利回りファンドUSYCを開始
NobleがHashnoteと提携し、Cosmosに相互運用可能なRWAsを導入

新しい記事と類似の記事は、NobleとHashnoteの提携について取り上げており、Cosmosエコシステム上でトークン化された証券を導入することを話題にしています。これらの記事は、この提携の最初の製品であるUSYCについても触れており、米国国債を含む短期ファンドであることを説明しています。新しい記事と類似の記事は、また、Cosmosエコシステム全体でDeFiアプリケーションにおけるUSYCの担保利用や「T+1償還」の保証についても強調しています。新しい記事には、類似の記事で既にカバーされている新しい事実や数字は提供されていません。したがって、新しい記事には類似の記事とは異なる新しい情報が含まれていないようです。

NobleはHashnoteと提携し、Cosmosエコシステム上でトークン化された証券を導入します。この提携の最初の製品はUSYCであり、アメリカ国債を含む短期間のファンドです。Nobleブロックチェーン上で発行されるUSYCトークンは、投資家に短期間の証券への露出を提供し、Cosmosエコシステム全体で移動することも可能です。NobleはCosmos上のトークン化証券市場に参入し、その市場規模は5億ドル以上と推定されています。

USYCはCosmos上で最初のクロスチェーンの実世界資産として、DeFiアプリケーションでの担保として含めるなど、さまざまな用途が期待されています。この取り組みは、実世界資産をネイティブに相互運用可能にするInter-Blockchain Communication Protocolの力を示すことを目指しています。USYCは「T+1償還」の保証を持ち、投資家は取引日の翌営業日に投資を償還することができます。

Cosmosは80以上のアプリケーション固有のブロックチェーンからなるエコシステムであり、総時価総額は450億ドルを超えています。NobleとHashnoteのパートナーシップは、トークン化証券の可能性を活用し、Cosmosネットワーク上で実世界資産の利用を拡大することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: