Polygon Labs、モジュラーブロックチェーンの人気に応えて「集約層」を計画

By CoinDesk – 2024/01/25 05:40:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Polygon Labsが2月にブロックチェーンの相互運用性のためのAggLayerを発表予定

この記事と類似の記事は、Polygon LabsがAggLayerという集約層を立ち上げる計画について取り上げています。AggLayerの目的、ゼロ知識証明の使用、およびブロックチェーンのスケーラビリティと相互接続性の向上を目指すことが、両方の記事で言及されています。類似の記事では、AggLayerのローンチが来月予定されていることも言及されており、この記事でも同じタイムフレームが示されています。この記事では、類似の記事で既にカバーされている新しい事実や数字は提示されていません。したがって、この記事の内容は類似の記事とは異なる新しい情報を提供していないと言えます。

Ethereumのスケーリングを目指すブロックチェーンプロジェクトの開発企業であるPolygon Labsは、「集約層」の計画を発表しました。この新しい層であるAggLayerは、ゼロ知識証明を将来のブロックチェーンアーキテクチャの基盤として活用します。集約は、ZKテクノロジーを使用して統合型とモジュラー型のアーキテクチャの利点を組み合わせます。目標は、統一された流動性と無制限のスケーラビリティを持つ単一のチェーンのように感じるWeb3ネットワークを作成することです。AggLayerを使用することで、開発者は任意のレイヤー1またはレイヤー2のチェーンを接続し、異なるチェーン間でのシームレスなトランザクションやアクティビティを可能にします。

Polygon Labsは、AggLayerを使用してモジュラー型とモノリシック型のブロックチェーンの制約に取り組んでいます。ZK証明の活用により、ユーザーは異なるチェーン上で非代替可能トークンを購入する際にブリッジ資金の必要性をなくすことができます。AggLayerは、モジュラー型アーキテクチャの主権とスケーラビリティ、モノリシックシステムの統一された流動性とユーザーエクスペリエンスを提供します。このアプローチは、両方の利点を組み合わせた新しい解決策を提供することを目指しています。AggLayerのローンチは来月予定されています。

全体的に、Polygon Labsの集約層の計画は、シームレスで相互接続されたブロックチェーンチェーンのネットワークを作成し、ユーザーに統一されたエクスペリエンスと拡張性を提供することを目指しています。ゼロ知識証明を活用することで、AggLayerは従来のブロックチェーンアーキテクチャの制約を克服し、ブロックチェーン技術の未来に向けた新しい解決策を提供します。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: