GBTCの流出が続き、最大のビットコインETFが退位の可能性に直面

By Blockworks – 2024/01/25 06:16:29 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
GBTCのビットコイン(BTC)売上がETFの開始以来10万枚を超える
ビットコインETF戦争の中で、Grayscale(GBTC)は買収のターゲットになる可能性がある

新しい記事では、GBTCがETFに変換されて以来、約40億ドルの純流出があったことが取り上げられています。また、記事ではGBTCとその競合他社であるBlackRockとFidelityの資産についても触れられています。記事はさらに、GBTCの手数料が高いことや、他のETFに切り替えることで投資家に生じる潜在的な税の影響など、これらの流出の理由についても論じています。同様の記事では、GBTCからの流出や他のETFからの競争についても取り上げられています。ただし、最初の類似記事は、スポットビットコインETFの開始以来、GBTCのウォレットから移動したビットコインの数に焦点を当てています。一方、2番目の類似記事では、Grayscaleが潜在的な買収対象である可能性について議論されています。全体的なテーマは、GBTCが流出と競争に直面しているという点では共通していますが、新しい記事では、流出とGBTCおよび競合他社の資産に関する具体的な数字が示されており、類似記事では触れられていないため、新しい記事には新しい事実が含まれており、重複ではありません。

Grayscale Investmentsのビットコイン信託であるGBTCは、ETFへの変換以来、流出が続き、競合他社に対する資産上の優位性が低下しています。このファンドは火曜日に純流出額が5億1500万ドルとなり、変換以来の累計流出額は約40億ドルに達しました。しかし、アナリストたちは、GBTCが最大のビットコインETFの座を明け渡すには時間がかかると考えています。現在、GBTCの資産は約210億ドルであり、BlackRockとFidelityの競合ETFはそれぞれ約18.5億ドルと16億ドルの資産基盤を築いています。

競合他社のETFに比べてGBTCの手数料が1.5%と高いため、一部の人々は流出が予想されていました。研究アナリストのMatteo Grecoは、競合他社の流入ペースとGBTCの流出ペースが鈍化すると予想し、GBTCの資産管理額を上回ることは困難になると述べています。Grecoは、GBTCの競争上の優位性と長い実績が、市場を相当な期間にわたって支配し続けることを可能にすると考えています。GBTCの資産は今後も減少すると予想されていますが、他の選択肢を知らない投資家や切り替えに関心のない投資家もまだ存在しています。さらに、一部の投資家はキャピタルゲインを考慮し、別のETFに切り替えると大きな税金を支払う可能性があります。

流出にもかかわらず、GBTCはアメリカのビットコインETFの代表的存在として確立しており、市場をリードする流動性と10年にわたる成功の実績を提供しています。トレーダーは他のETFをプレミアムで売却し、ペアトレードを通じて割引価格でGBTCを購入することができますが、このGBTCへの依存は市場が正常化し、他のETFの資産が成長するにつれて減少すると予想されています。ビットコインの価格の下落もGBTCに影響を与え、キャピタルゲインが小さくなるため、投資家が切り替えることが容易になります。Grayscaleは、GBTCをNYSE Arcaに上場するにあたり手数料を引き下げましたが、さらなる大幅な引き下げは

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: