「デジタルポンドの公開が予定されており、プライバシーや金融包摂が主な懸念事項」という記事タイトルが適切です。

By CoinDesk – 2024/01/25 08:10:08 (JST)

デジタルポンドに関する公開の相談が木曜日に行われる予定であると、財務省の常任秘書であるジェームズ・ボウラー氏が水曜日の会議で述べました。「政府は慎重に進めていると思います」とボウラー氏は述べており、彼は民間公務部門で最も高い地位を保持しています。「プライバシーや金融包摂、制限の有無、金融政策や利子に関する問題がいくつかあり、その相談が行われ、明日には詳細が発表されるでしょう」

デジタルポンドの相談は昨年2月に開始され、6月に終了しました。当時、イングランド銀行と財務省はデジタルポンドが必要であると述べました。相談が開始されて以来、5万件以上の回答が寄せられました。プライバシーは回答者が重要視した主な懸念事項でした。また、財務省の政策決定を検証するために設置された与野党を超えた委員会である財務選択委員会は、政府に対して個別保有の上限を引き下げるよう要請し、デジタルポンドに利子を付けることができるようにするよう求めました。

「これは、市民がビジネスを行いたいという要望に応える現代の経済であり、進める前に克服したい課題がいくつかあります。私たちはまだその課題を検討している段階にあります」とボウラー氏は述べました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: