SEC議長:ビットコイン現物ETFの承認は過度に解釈されるべきではない

By PANews – 2024/01/25 09:12:37 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
SEC議長ゲンスラー、スポットビットコインETFの承認について明言、イーサリアムETFへの示唆なし
イーサリアム現物ETFの承認について異なる意見、SECの姿勢は「強硬な拒否」との噂

新しい記事と類似の記事は、すべて同じ主題について議論しています:SECによるビットコイン現物ETFの承認と、潜在的なイーサリアム現物ETFへの影響です。新しい記事で取り上げられている主なポイントは、SECのゲンスラー議長が承認を過度に解釈しないようにとの明言、ビットコインの非証券商品としての承認の具体的な性質、およびSEC内部でのイーサリアム現物ETFに対する反対意見なども、類似の記事でも取り上げられています。類似の記事では、SECと暗号通貨取引所を巡る訴訟の継続や、イーサリアム現物ETFの承認に関する意見の相違など、追加の文脈と分析も提供されています。ただし、新しい記事には、類似の記事で既に取り上げられている新しい事実や数字は提供されていません。

SEC議長のゲンスラー氏は、ビットコイン現物ETFの承認は誤解されるべきではないと明言しました。彼は、この承認は非証券の商品であるビットコインに特定され、広範な支持とは見なされるべきではないと強調しました。ゲンスラー氏はまた、ビットコイン現物ETFは情報開示が改善され、現在は株式取引所に上場しており、投資家により多くの選択肢と低い手数料を提供していると述べました。ただし、イーサリアム現物ETFの承認に関してはSEC内で内部的な抵抗があると報じられています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: