インドネシアの仮想通貨税収、ビットコインの急騰にもかかわらず2023年に63%減少

By CoinDesk – 2024/01/25 10:00:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
2023年のインドネシアの仮想通貨税収入、3,170万ドルに63%減少

新しい記事と類似の記事の両方が、ビットコインの急騰にもかかわらず、2023年のインドネシアの暗号通貨税収入が63%減少したことを報告しています。両方の記事はまた、税収として3170万ドルという金額を報じています。類似の記事では、インドネシアの二重課税制度についての追加情報が提供されており、所得税0.1%と付加価値税(VAT)0.11%が含まれています。ただし、この情報は新しい記事でも暗黙的に示されており、現地の取引所からの高い税率に関する批判と、暗号通貨取引を所得税の対象にするだけでなく、VATの対象から外すという彼らの提案について議論しています。新しい記事では、インドネシアの暗号通貨取引量の減少と違法取引所の存在も言及されていますが、これらは税収の減少と関連しているため、新しい事実や分析は類似の記事に含まれていないようです。

インドネシアの財務省は、2023年の仮想通貨による税収が3,170万ドルであり、前年比で63%減少したと報告しました。ビットコインの価格が2023年に159%上昇したにもかかわらず、国の仮想通貨税収は減少しました。この収益の減少は、同じ期間におけるインドネシアの仮想通貨取引量の51%減少と重なります。

地元の取引所は高い税率を批判し、仮想通貨取引は付加価値税(VAT)ではなく所得税の対象とすべきだと提案しています。彼らはこの調整により、仮想通貨を商品よりもむしろ証券として分類するべきだと考えています。先月、有名なインドネシアの取引所INDODAXは、国内の仮想通貨取引にかかる税金が取引手数料を上回ることが多いと指摘しました。これにより、ユーザーが安価な取引のために海外や違法な取引所に移行する可能性が懸念されています。

関連して、インドネシアのブロックチェーン協会は2023年5月に報告し、国内で303の違法な取引所が稼働しており、公式な税制を大きく損なっていると述べました。これらの違法な取引所の存在は、政府が仮想通貨業界から税収を集める上での課題をさらに深刻化させています。インドネシアの金融監督機構(OJK)が2025年1月から仮想通貨を規制する準備をしている中、地元の取引所が提起した懸念に対処し、課税と繁栄する仮想通貨エコシステムの両立を図る必要があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: