日本の国会議員がWeb3政策を提唱、DAO規制と税制改革を含む

By CoinDesk – 2024/01/25 11:10:06 (JST)

日本の国会議員、平良正明氏と川崎秀人氏は、日本におけるWeb3の政策開発を提唱しています。日本ではWeb3の規制方法を模索しており、自由民主党のWeb3プロジェクトチーム(web3PT)は2023年4月にホワイトペーパーを公開しました。web3PTは、ブロックチェーン技術を活用したさまざまなWeb3プロジェクトの開発を目指しており、分散型自治組織(DAO)に関連する課題についてステークホルダーからの意見を集めるためのハッカソンも開催しました。特に注目されているのは、企業をDAOとして分類する基準と、スマートコントラクトの導入の必要性についての明確化です。web3PTの議長である平良氏は、時間の経過とともにこれがより明確になると考え、次のホワイトペーパーに反映させる予定です。彼らはまた、DAOのための規制の開発と、web3PT内での新たな重要な政策ポイントの特定を目指しています。

web3PTは、第三者所有の暗号資産に関する税制改革への影響力も持っています。自由民主党の税制調査委員会は、他社が発行する暗号資産の保有に関する見直しを承認し、改革の概要は12月に内閣で承認されました。web3PTのエグゼクティブディレクターである川崎氏は、この税制改革の実施を確実にすることを目指しています。今後も、国会議員はDAOに関する課題に取り組むだけでなく、web3PT内での新たな焦点領域の探索を含め、日本のWeb3の政策形成を続ける意向です。

平良氏と川崎氏は、DAOを含むweb3PT内の広範な領域に焦点を当て、日本のWeb3のための政策を積極的に推進しています。企業をDAOとして分類する基準を明確にし、それに基づいて規制を整備することを目指しています。さらに、第三者所有の暗号資産に関する税制改革への影響力も持ち、その実施を確実にすることに取り組んでいます。彼らの取り組みは、日本の規制環境におけるWeb3技術への関心と認識の高まりを反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: