AltLayerのネイティブトークンが取引所で取引開始、エアドロップの申請も開始

By The Block – 2024/01/25 22:50:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
AltLayer、第1四半期エアドロップの詳細を発表:1月25日から2月25日までに総額3億ALTト
AltLayer、エアドロップの請求ウェブサイトを公開し、ユーザーは自分の資格を確認できる

新しい記事では、AltLayerのネイティブトークンの発売、取引量、現在の価格、総評価額に関する情報が提供されています。また、エアドロップのユーザー申請の開始、最初のラウンドで利用可能なトークンの総数、そして現時点での申請済みトークンの数についても言及されています。さらに、ALTトークンの機能やプロジェクトの将来の計画についても詳細が提供されています。一方、類似の記事では、エアドロップの詳細に焦点が当てられており、配布期間、対象条件、申請ウェブサイトの発表などが含まれています。エアドロップに関する情報には重複がありますが、新しい記事では、類似の記事ではカバーされていない追加の詳細情報が提供されています。具体的には、ALTトークンの取引量、価格、評価額、そして現時点での申請済みトークンの数などです。したがって、新しい記事には類似の記事にはない新しい事実が含まれています。

AltLayerは、ロールアップを作成するための分散型プロトコルであり、ネイティブトークンを発表し、中央集権型取引所での取引を開始しました。ライブ開始からわずか4時間で、トークンは異なる取引所で3億ドルの取引高を記録しました。現在、ALTと呼ばれるトークンは0.29ドルで取引されており、総発行量100億トークンで29億ドルの完全希釈時評価額を持っています。AltLayerはまた、エアドロップの申請を受け付けており、最初のラウンドで3億ALTトークンが利用可能です。これは総供給量の3%に相当します。エアドロップは、2023年1月17日にスナップショットが撮られた対象ユーザーに提供されます。

AltLayerは、OP Stack、Arbitrum Stack、ZKStack、Polygon CDKなどのソフトウェアスタックからロールアップを作成するための分散型プロトコルです。プロジェクトは「リステーキングロールアップ」と呼ばれるLayer 2プロジェクトを導入する予定であり、EigenLayerのリステーキングメカニズムを活用してネットワークセキュリティを強化します。ALTトークン保有者はガバナンス権を持ち、ネットワーク参加者はトークンを使用してプロトコル手数料を支払う必要があります。これまでに29,000以上のウォレットが1億7,000万トークンを申請し、エアドロップ総量の33%を占めています。AltLayerは以前、プライベートトークンセールで2,280万ドルを調達しており、総ALTトークン供給量の18.5%を占めています。

AltLayerのネイティブトークンALTが中央集権型取引所で取引を開始し、大きな取引量が見られています。プロジェクトはまた、エアドロップの申請を受け付けており、最初のラウンドで3億ALTトークンが利用可能です。AltLayerは、さまざまなソフトウェアスタックからロールアップを作成する分散型プロトコルです。プロジェクトは「リステーキングロールアップ」を導入する予定であり、ALTトークン保有者はガバナンス権を持ちます。これまでに29,000以上のウォレットが1億7,000万トークンを申請しています。AltLayerは以前、プライベートトークンセールで2,280万ドルを調達しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: