スポットビットコインETF、取引9日目に最大の流出を記録

By Blockworks – 2024/01/26 01:15:10 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
7日目の取引日にBitcoin Spot ETFから7,600万ドルの流出
米国のビットコイン現物ETF、9日目の取引で1億5800万ドルの流出

新しい記事と類似の記事は、GBTC、IBITなどのさまざまなビットコイン現物ETFの流出と流入について議論しています。それらはすべて、GBTCからの大きな流出とIBITへの流入を少し異なる金額で言及しています。新しい記事では、これらのETFの将来のパフォーマンスの予測も言及されていますが、類似の記事では言及されていません。ただし、この予測は新しい事実ではなく、むしろ分析や意見のように思われます。したがって、具体的な数字にはいくつかの違いがありますが、新しい記事と類似の記事で提示されている全体的な内容と事実はほぼ同じです。

水曜日に、スポットビットコインETFは1日で最も大きな流出を記録しました。直接BTCを保有する10の米国ファンドからは1億5800万ドルが流出しました。これはこれまでで最も大きな1日の流出です。BlackRockのiShares Bitcoin Trust(IBIT)は6600万ドルの流入がありましたが、これは前日からの大幅な減少です。Grayscale InvestmentsのBitcoin Trust ETF(GBTC)は依然としてグループを押し下げ、4億2900万ドルが流出しました。1億5800万ドルの流出は、スポットビットコインETFにとって3日連続の流出となります。全体として、スポットビットコインETFの純流入額は1月11日の開始以来、8億2400万ドルになります。

FalconXのリサーチ部門責任者であるDavid Lawantによれば、GBTCの大量流出やIBITおよびFBTCの純利益など、スポットビットコインETFの流入の主な要因は徐々に減少するとのことです。彼は、GBTCが短期間で優位性を持つ一方で、IBITとFBTCが中長期的に優位に立つと考えています。Bitwiseの最高投資責任者であるMatt Houganは、スポットビットコインETFは市場初の5年間で550億ドルの純流入を見込んでいると予測しています。ただし、21Sharesの社長であるOphelia Snyderは、一部の投資家がスポットビットコインETFの採用に時間をかけると考えており、短期の流れが主な焦点ではないと述べています。

全体として、スポットビットコインETFは特にGBTCからの大きな流出が見られましたが、他のファンドへの流入もありました。これらのETFの将来のパフォーマンスは、投資家の採用や市場状況など、さまざまな要素に依存するでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: