GrayscaleのGBTCの利益確定売りが終了し、Bitcoin(BTC)の売り圧力が緩和される可能性:JPMorgan

By CoinDesk – 2024/01/26 02:20:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
GBTCの利益確定売りがほぼ終了し、ビットコインの下方圧力は限定的となる見通し:JPMorganアナ
FTXが約100億ドルのGrayscale Bitcoin ETFを売却し、資金の流出に寄与

新しい記事では、Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)の利益確定売りによるビットコインの売り圧力について取り上げられており、これは米国での現物ビットコインETFの開始に起因しているとされています。記事によれば、約13億ドルがGBTCからこれらの新しいETFに移動し、これらのETFはより安価です。記事はまた、FTXの破産財団が約10億ドル相当のGBTCを売却し、売り圧力を増大させたことも触れています。同様の記事も同じトピックについて議論しています。最初の類似記事では、GBTCの利益確定売りによるビットコインへの限定的な下方圧力について言及し、GBTCの現物ビットコインETFへの変換以来の資金流出を述べています。2番目の類似記事では、FTXが約10億ドル相当のGBTC株式を売却し、資金流出に寄与したことを取り上げています。新しい記事では新たな事実や数字は提示されておらず、類似記事と同様のイベントと分析が行われています。

JPモルガンによると、Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)から利益を得る投資家によるBitcoin(BTC)の売り圧力はほぼ終了した可能性があります。同行は、米国でスポットビットコイン上場投資信託(ETF)が開始されてから2週間でBitcoinが20%以上下落し、割引価格でファンドを購入した投資家による利益確定売りが修正の主な要因であったと指摘しています。JPモルガンの推定では、約13億ドルがGBTCから新たに作成されたスポットビットコインETFに移動したとされています。これらの流出は、Grayscaleが手数料を引き下げるのが遅い場合には続く可能性があり、他のスポットETFが規模と流動性でGBTCと競合し始める「臨界点に達するとさらに加速する可能性もある」と報告書は述べています。

ETFへの変換前、GBTCはアメリカの投資家が基礎となる仮想通貨を所有せずにBitcoinに露出するためのわずかな手段の1つでした。JPモルガンは以前、GBTCから「純資産価値割引」(NAV)取引による約30億ドルの流出を推定していました。同行の推定によれば、約13億ドルが新たに作成されたスポットビットコインETFに移動したことになります。これは月間の流出額と同等です。これらの流出は、Grayscaleが手数料を引き下げるのが遅い場合には続く可能性があり、他のスポットETFが「規模と流動性の面でGBTCと競合するための臨界点に達するとさらに加速する可能性もある」と報告書は追加しています。

FTXの破産財産はETFへの変換以来、約10億ドル相当のGBTCを売却し、基礎となるデジタル資産に追加の売り圧力をもたらしました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: