PowerLoom、PolygonのPoSネットワークで最初のノードミントを開始

By Blockworks – 2024/01/26 02:10:00 (JST)

データの分散型スタートアップ、PowerLoomがPolygonのProof-of-Stakeネットワークでノードミントを開始します。このミントには、必要な基準を満たす参加者がアクセスできる5,000のノードが含まれます。これらの参加者は、PowerLoom Snapshotter Liteノードを操作するためのソウルバウンドトークンを受け取ります。事前ミントは2月4日に終了し、2月6日に受賞者が発表されます。独立して実行されるSnapshotter Liteノードスポットは合計で10,000あり、1人あたりのソウルバウンドトークンの制限は10個です。

PowerLoomは、どのチェーンからでもデータを取得できる分散型データネットワークを目指しています。現在はEthereum Virtual Machine(EVM)に焦点を当てていますが、Celestiaデータマーケットなど他のソースからのデータ取得もサポートする予定です。ただし、米国および制裁を受けている国の居住者はミントに参加することはできません。

このノードミントは、PowerLoomがCoinlistと提携して最近行ったインセンティブ付きテストネットに続くものです。目標は、技術的に経験の浅いユーザーがネットワークに参加し、その分散化の取り組みに貢献できるようにすることです。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: