RippleとSEC、文書要求と提出に関する法廷闘争を継続

By Blockworks – 2024/01/26 04:54:37 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
SEC、Rippleに対して証拠提出と制裁を求める法廷闘争

新しい記事と類似の記事は、RippleとSECの継続的な法的闘争について取り上げており、特にSECがRippleに特定の文書の提供を求めていることに焦点を当てています。両方の記事は、SECがRippleの財務諸表と訴訟後のXRPの販売に関する情報を求めていることを述べています。また、両方の記事は、Rippleがこの要求に反対し、時期尚早で正当化されていないと主張していることも取り上げています。しかし、新しい記事には類似の記事にはない追加情報が含まれています。例えば、裁判所の判決によると、RippleのXRPトークンのプログラム的な提供は証券ではなかったとされており、RippleのCEOおよび共同創設者に対する告訴の取り下げ、そしてSECとRippleがそれぞれ救済の要旨と反対意見を提出する期限などが明記されています。したがって、記事の全体的なトピックは同じですが、新しい記事には類似の記事にはない新しい事実と最新情報が含まれています。

Rippleと米証券取引委員会(SEC)は、裁判所の要約判決と残りの告訴の取り下げにもかかわらず、法廷闘争を継続しています。現在の争点は、Rippleが差し止め命令と民事罰金を発行するために提供する必要がある文書に関しています。SECは、2022年と2023年のRippleの財務諸表、およびSECの初期の苦情提出後の機関売りに関連する契約を要求しています。Rippleは、この要求は不適切であり、時期尚早であると主張し、その情報は裁判所の救済決定には関係がないと述べています。裁判所は、救済に関連する証拠開示は2024年2月12日まで受け付けると11月に判決を下しました。

Rippleにとって一部の勝利となった裁判所は、同社のXRPトークンのプログラム的な提供が証券ではないと判断しました。ただし、裁判所は、CEOのBrad Garlinghouse氏と共同創設者のChris Larsen氏に対する証券法違反の教唆という他の問題については審理を命じました。SECはこれらの告訴を10月に取り下げました。当事者が救済に関連する証拠開示で合意できれば、SECは2024年3月13日までに救済に関する要旨を提出する予定であり、Rippleは1か月以内に反対意見を提出することになります。

最近の進展にもかかわらず、RippleとSECの法廷闘争は継続中であり、文書の要求や今後の提出に関して意見が対立しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: