ビットコインETF、BlackRockのIBITなどの購入が減少し、ネット流出が発生

By CoinDesk – 2024/01/26 05:50:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
9つの新しいビットコインETFが資産管理額で10万BTC以上を集める
スポットビットコインETF、取引9日目に最大の流出を記録

新しい記事では、ビットコインETFが立ち上げ以来初めての純流出を経験したことについて、特にBlackRockのIBITとFidelityのFBTCに焦点を当てて取り上げています。水曜日には純流出額が1億5800万ドルであり、ETFの立ち上げ以来の純流入額は約8億2400万ドルです。同様の記事も同じトピックを取り上げており、最初の類似記事では新しいETFの総保有額を、2番目の類似記事では1日の最大純流出額について議論しています。両方の類似記事も同じETF、BlackRockのIBITとFidelityのFBTCを取り上げ、似たような数字を提供しています。したがって、新しい記事には既に類似記事でカバーされていない新しい事実や数字は見られません。

ビットコインの上場投資信託(ETF)は1月以来、初めてネット流出を経験しました。データによると、GrayscaleのGBTCを含む10のビットコインETFは、水曜日に1億5800万ドルのネット流出がありました。BlackRockのIBITやFidelityのFBTCなどのファンドはビットコインの保有量が増加していますが、最近の流入は鈍化しています。それにもかかわらず、ETFの開始以来の純流入総額は約8億2400万ドルで、約17,000〜20,000のビットコイントークンが追加されました。

最近開始されたビットコインETFは、特定のファンドへの資金流入がGrayscaleのGBTCからの流出に追いつけないため、ネット流出が発生しています。BlackRockのIBITやFidelityのFBTCなどはビットコインの保有量が増加していますが、最近の流入は鈍化しています。ただし、ETFの開始以来の純流入総額は相当なもので、約8億2400万ドルで、約17,000〜20,000のビットコイントークンが追加されました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: