英国銀行と英国財務省、デジタルポンドについて未定:さらなる準備作業が必要

By The Block – 2024/01/26 06:00:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
英国のデジタルポンドの決定は2020年代半ばに予想される、英国銀行と英国財務省が発表
英国銀行と英国財務省、CBDCの潜在性に対する計画を進める

新しい記事では、イングランド銀行と英国財務省がデジタルポンドの導入について継続的に検討していることが取り上げられており、さらなる準備作業が必要であり、潜在的な導入は2025年以前には行われないと強調されています。また、デジタルポンドは現金を置き換えるものではなく、プライバシーの懸念は立法によって対処されると述べられています。同様の記事では、継続的な検討、さらなる準備の必要性、潜在的な導入のタイムライン、およびプライバシーの懸念への対応意図など、同じトピックが取り上げられています。新しい記事では、公開意見募集への回答数(5万件以上)が具体的に示されていますが、この詳細は全体の内容を大きく変えるものではなく、新たな事実を導入するものでもありません。したがって、新しい記事には、同様の記事に含まれていない新しい事実や分析は含まれていません。

英国銀行(BoE)と英国財務省は、「デジタルポンド」に関する公開諮問書に対して回答し、英国における中央銀行デジタル通貨(CBDC)の必要性については未定となっています。デジタルポンドの導入に関する決定が行われる場合に備えて、支払いの状況の変化に対応し、リードタイムを短縮するためにさらなる準備作業が必要と述べています。デジタルポンドの設計フェーズでは、小売りおよび卸売りのCBDCの実現可能性を探求し、2025年以降に潜在的な導入を行う予定です。プライバシーや信頼性の懸念は新たな法律によって解決され、小売りCBDCが導入された場合でも、英国銀行や英国財務省はユーザーの個人データにアクセスすることはありません。

公開諮問に寄せられた回答の大部分は、現金の将来やユーザーのプライバシーや権利など、小売りCBDCの導入に伴う広範な社会的影響に焦点を当てています。回答では、デジタルポンドは現金を置き換えるものではなく、中央銀行のお金がデジタル経済において利用可能で有用であることを確保すると強調されています。また、デジタルポンドは民間セクターのイノベーションや支払いにおける競争を促進する役割も果たすでしょう。この諮問では5万件以上の回答が集まり、英国銀行と英国財務省は2023年2月に公開された元の諮問書の結果に基づいて行動する予定です。

全体として、英国銀行と英国財務省はデジタルポンドについてまだ研究と設計のフェーズにあり、その必要性については明確な決定を下していません。彼らはプライバシーや信頼性の懸念を法律で解決し、デジタルポンドが現金と共存することを確保することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: