イーサリアムの開発者が最終「Dencun」テストネットのアップグレードのタイムラインを発表

By CoinDesk – 2024/01/26 11:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
EthereumのSepoliaとHolesky、Dencunのアップグレードを予定。成功すればメイ
イーサリアムのDencunアップグレードにより、イーサの供給に影響が出る可能性があると、アナリストが

新しい記事と類似の記事は、イーサリアムネットワーク上での今後のDencunアップグレードについて議論しており、そのトランザクションコストへの潜在的な影響や、テストネットとメインネットでの実装のタイムラインについて触れています。新しい記事では、アップグレードの機能として「proto-danksharding」の導入が言及されており、類似の記事でも「blobspaceメカニズム」や「一時データブロブ」として言及されています。セポリアとホールスキーのテストネットとメインネットでの実装のタイムラインも、すべての記事で一致しています。ただし、新しい記事ではテストネットのアップグレードの具体的な日程(1月30日と2月7日)が記載されており、類似の記事では言及されていません。したがって、この記事には類似の記事にはない新しい事実情報が含まれています。

イーサリアムの開発者は、1年で最も大規模なアップグレードである「Dencun」アップグレードの最終テストネットのタイムラインを発表しました。このアップグレードでは、「proto-danksharding」という機能が導入され、レイヤー2のトランザクションコストを削減し、ブロックチェーン上のデータをより手頃な価格にすることができます。プロトコルの変更は、それぞれ1月30日と2月7日にSepoliaとHoleskyのテストネットでテストされます。

成功すれば、最終テストは2月7日にHoleskyで行われ、アップグレードは2月末か3月初旬にイーサリアムのメインネットで稼働する予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: