SEC、GrayscaleとBlackRockのEther (ETH) ETF申請を延期

By CoinDesk – 2024/01/26 11:40:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
ETH ETFの承認が保留され、遅延が続く
米SEC、Grayscale Ethereum Spot ETF申請の決定を再び延期

新しい記事では、GrayscaleとBlackRockによるイーサリアムETFの申請に対するSECの承認の遅れについて取り上げられており、スポットイーサリアムETFとスポットビットコインETFの類似点についての疑問や、イーサリアムエコシステムにおける詐欺や操作の懸念について言及しています。同様の記事も同じトピックについて取り上げており、最初の類似記事ではBlackRockによるETH ETFの承認遅延と市場操作への懸念について、2番目の類似記事ではGrayscale Ethereum Trust ETFの申請のSECによる承認遅延とイーサリアムのステーク機構や統制の集中に関する懸念について議論されています。新しい記事と類似記事の両方には、大きく異なる新しい具体的な数字や事実は提供されていません。したがって、新しい記事の内容には、類似記事との差別化につながる新しい事実や数字は含まれていないようです。

米国証券取引委員会(SEC)は、Grayscale InvestmentsとBlackRockによるEther(ETH)の上場投資信託(ETF)の申請を延期しました。SECは従来、仮想通貨のETFには反対の立場を取っており、今年初めに米国で初めてビットコインのETFを承認しました。Grayscaleの申請の決定の延期は予想されており、BlackRockの申請も同様です。現時点では、EtherのETF申請が規制当局の質問に対応する段階に進んでいるかどうかは不明です。

申請書は、EtherのETFとビットコインのETFの類似点についての疑問を提起しています。SECは、ビットコインのETFの上場を支持する議論がEtherのETFにも適用されるかどうかについて、一般の意見を求めています。申請書はまた、Etherのエコシステムにおける詐欺や操作の懸念、証明方式の共有や一部の個人や組織によるコントロールの集中についても調査しています。さらに、SECは市場操作、現物市場と先物市場の相関関係、EtherのCME先物市場の規模などを検討しています。

全体的に、SECがEtherのETFの申請を審査する遅延は、このような製品の承認に対する慎重なアプローチを示しています。申請書は、詐欺、操作、市場の相関関係に関連する懸念を解決する必要性を強調し、Etherの現物市場ETFの承認を検討する前にこれらの問題に対処する必要があることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: