ビットコイン価格の上昇に伴い、暗号通貨関連株が上昇、アナリストは依然として楽観的

By CoinDesk – 2024/01/27 02:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコイン価格(BTC)は下落を続ける見込み、元アーク・クリプトリードが述べる
ビットコインとイーサリアムがリスクオフの雰囲気で下落、次回の連邦公開市場委員会(FOMC)会議を前に

新しい記事では、特にビットコインの価格上昇による仮想通貨関連株の最近の上昇について取り上げています。また、ウォールストリートのアナリストの行動によるコインベースの株価の変動や、ビットコインETFの承認による最近の仮想通貨市場の売り込みについても触れています。一方、類似の記事では、ビットコインの価格の予想される下落やリスクオフのセンチメントによるビットコインやイーサリアムの価格の下落に焦点を当てています。これらの記事はすべて仮想通貨市場について議論していますが、新しい記事では焦点や提供される詳細が類似の記事とは異なります。新しい記事では、仮想通貨関連株のパフォーマンスやビットコインETFの承認の影響について具体的な情報を提供しており、これは類似の記事では取り上げられていません。

ビットコイン(BTC)の価格が過去24時間で3%以上上昇し、金曜日には暗号通貨関連株が上昇しました。価格変動により影響を受けやすいビットコインマイニング企業は、5%から15%の上昇を見せました。注目の銘柄には、Cipher Mining、Mawson、Core Scientific、Sphere 3D、TeraWulf、Bitfarms、Marathon Digital、Hut 8などが含まれます。Hut 8は、先週、空売りの標的になった後、特に大きな打撃を受けました。

マイニング企業に加えて、他の暗号通貨関連株も上昇しました。人気のある暗号通貨取引所であるCoinbaseや、企業ソフトウェア会社でビットコインをバランスシートに保有しているMicroStrategyも、3%から5%の上昇を見せました。Coinbaseは、多くの現物ビットコイン上場投資信託(ETF)のカストディアンとして機能しており、ウォールストリートのアナリストの行動により、週間を通じて価格変動がありました。JPMorganは株式をアンダーウェイトに格下げしましたが、後にOppenheimerによってアウトパフォームに格上げされ、強力な企業基盤と優れた経営チームを引き合いに出しました。

暗号通貨市場の最近の売り込みは、ビットコインETFの承認を「ニュースを売る」イベントと見なすトレーダーによる資金引き出しによるものとされています。新たに承認されたETFへの資金の流入が緩慢だったことも、ETFの承認前に築かれたハイプを抑える要因となった可能性があります。ただし、一部のアナリストは、この下落は短期的な現象かもしれないと考えています。10x Researchのリサーチ責任者であるマルクス・ティーレン氏は、ビットコインETFへの資金流入が期待外れに終わる可能性があるとしながらも、現時点では弱気になる時期ではないと述べています。彼は、マクロ環境と米国の選挙サイクルにおける建設的な財政対応が将来的に資産価格を支え続けると信じています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: