DAOs: オンライン過激主義の次の拠点ではない

By CoinDesk – 2024/01/27 05:30:06 (JST)

ワイアードが最近発表した記事によると、分散型自律組織(Decentralized Autonomous Organizations:DAOs)がオンライン過激派の拠点になる可能性があるという。著者のジュリア・エブナーは、過激派グループがDAOを利用して自分たちの自治国家を作る可能性があると主張している。しかし、この主張には根拠がない。記事で言及されている過激派グループのほとんどは、米国を拠点とし、法執行機関が容易に監視できるDiscordのようなプラットフォームを利用している。一方、DAOは主にコミュニティ管理とアウトリーチのためにDiscordを使用しているが、過激派組織が極悪非道な目的で使用しているという証拠はない。DAOは主に、チェーン上のスマートコントラクトを管理し、それらのコントラクトに関連する意思決定を行うために使用される。DAOは自治国家ではなく、自治ソフトウェア・アプリケーションである。

記事はまた、DAOが過激派運動の隠れ家となり、政府の規制や監視を回避できるようになる可能性を示唆している。しかし、この主張は根拠がない。DAOはパブリック・ブロックチェーン上で運営され、スマートコントラクトや取引データは一般に公開され、法執行機関が監視することができる。DAO内で行われる調整は、スマートコントラクトの状態変更に関するコンセンサスを得ることに集中しており、過激派のプロパガンダを広めることに集中しているわけではない。DAOは過激派がメッセージを広めるための効果的なツールではない。全体として、この記事は主張を裏付ける実質的な証拠を欠いており、DAOの真の性質と目的を認識していない。

結論として、DAOがオンライン過激主義の拠点になりうるというワイアードの記事の主張は、証拠に裏付けられていない。記事は、DAOが主にチェーン上のスマートコントラクトを管理するための自己管理型ソフトウェアアプリケーションとして機能しているという事実を見落としている。DAO内の調整は、過激派イデオロギーを広めることではなく、財務的・技術的な問題に集中している。DAOはパブリック・ブロックチェーン上で運営されているため、透明性が高く、法執行機関による監視も容易だ。したがって、DAOが過激派の隠れ家となりうるという主張には根拠がない。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: