日本時間での適切な記事タイトルはありません。

By CoinDesk – 2024/01/27 06:20:06 (JST)

ビットコインの教育者であるアニタ・ポッシュは、農村部のジンバブエでセルフカストディアルなライトニングウォレットのテストを行い、日常的なユーザーに最適なオプションを見つけました。これらの利用可能なウォレットはアフリカではほとんど使用されず、テストもされていません。また、ライトニングネットワークのノードを実行するモバイルアプリを構築することは困難です。ポッシュは、小額の支払いに信頼性のあるツールを推奨し、人々がビットコインが自分には向いていないと結論付けないようにすることを目指しました。2024年には、Phoenix、Mutiny、Green、Zeus、Blixtなどのウォレットをパフォーマンス、信頼性、使いやすさの観点でテストしました。Phoenixが総合的なパフォーマンスと信頼性で最も優れており、次いでMutinyが使いやすさで高評価を得ました。

ジンバブエの農村部でのセルフカストディアルなライトニングウォレットの評価は重要な知見を明らかにしました。Phoenix、Mutiny、Green、Zeus、Blixtなどのウォレットは、パフォーマンス、信頼性、使いやすさの観点でテストされました。これらのウォレットを使用してチャネルを開く際のコストとバランスは異なりました。PhoenixとWallet of Satoshiは高い信頼性と速度を示し、Phoenixの方がカストディアルなWallet of Satoshiよりも優れたパフォーマンスを発揮しました。ウォレットの特徴は、使いやすさとセキュリティに重点を置いて評価されました。PhoenixとGreenは使いやすい12語のシードフレーズを提供し、Blixt、Mutiny、Zeusは24語のシードを提供しました。Phoenixが総合的なパフォーマンスと信頼性で最も優れており、次いでMutinyが使いやすさで高評価を得ました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: