Vanguard、BitcoinスポットETFの取引制限、資産クラスの未熟さを指摘

By PANews – 2024/01/28 10:02:24 (JST)

大手資産運用会社のVanguardは、顧客にBitcoinスポットETFの取引を許可していないことを発表しました。同社はBitcoinを未熟な資産クラスと位置付け、限られた歴史、内在的な経済的価値の欠如、キャッシュフローのなさ、そして投資ポートフォリオに大きな混乱を引き起こす可能性を挙げました。この決定は、Vanguardが仮想通貨に対して慎重な姿勢を示していることを反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: