Swan Bitcoinが親会社の上場に向けてマイニングユニットを発表

By CoinDesk – 2024/01/28 21:20:10 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Swan Bitcoin、ビットコインマイニング部門を拡大し、シリーズCの資金調達計画を発表
Swan Bitcoin、Bitcoinマイニングに参入し、既に750 BTCを採掘

新しい記事と類似の記事は、Swan BitcoinがSwan Miningを設立することにより、ビットコインマイニングへの拡大について議論しています。すべての記事は、現在の計算能力が4.5エクサハッシュ/秒であり、それを3月までに8エクサハッシュ/秒に増やす目標を述べています。また、Swan Bitcoinが次の12ヶ月以内に上場する計画も言及されています。しかし、新しい記事では、Swan Miningが機関投資家から受けた資金調達に関する追加情報が提供されており、その総額は1億ドルを超えています。また、会社のオペレーションを拡大するために追加の資本を調達する計画も言及されています。この情報は類似の記事には含まれていません。したがって、全体的なトピックや一部の詳細は同じですが、新しい記事は類似の記事に含まれていない新しい事実を提供しています。

ビットコインに特化した金融サービス企業であるSwan Bitcoinは、新たなマイニング事業部門であるSwan Miningを発表しました。同事業部門は既に稼働しており、計算能力は160メガワット、つまり秒間4.5エクサハッシュに相当します。Swan Miningは機関投資家から1億ドル以上の資金を調達しています。同社は事業拡大のために追加の資本調達を計画しています。

Swan Bitcoinは、3月までに計算能力を44%増やし、秒間8エクサハッシュにすることを目指しています。既に必要なマイニングリグを取得しており、この目標を達成する準備が整っています。Swan Miningの立ち上げは、ビットコインのハーフニングイベントによりマイニング業界の競争が激化すると予想される重要な時期に行われました。

親会社であるSwan Bitcoinは昨年、2億5000万ドルの資金を調達し、今後12か月以内に上場する予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: